SKY-OUTPUT

メーカー子会社勤務のSEがガジェットレビューや仕事で学んだこと、ライフスタイルについて書くブログ。システム開発関係の記事では丁寧に解説していきます。

Logicool MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス レビュー

以前から肩凝りに悩まされており、肩凝り軽減の目的でLogicoolから発売されたエルゴノミクスマウス、MX VERTICALを購入しました。半年ほど利用した感想は、肩凝り改善には確かに効果があって良かったです。ですが、マウスとしての使いやすさに関してはイマイチといった感じ。1万円越えと値段の高さを考えると高評価にはならないマウスでした。今回はそんなMX VERTICALアドバンスエルゴノミックマウスについて紹介します。

良かった点

肩凝り対策には効果抜群

筋緊張を10%軽減しているとアピールしている通り、マウスを右っていて肩に力が入りません。それにより肩が凝ることがありませんでした。普通のマウスでは、マウスを使っているとだんだん肩が上がってきてしまいます。普通のマウスではリラックスした体制で握ることが出来ないことが原因みたいです。MX VERTICALアドバンスエルゴノミックマウスでは自然な体制で握ることが出来るため、肩こりが起きずらい見たいです。

充電式であること

MX VERTICALアドバンスエルゴノミックマウスは充電式です。なので電池を買う必要がありません。充電についてはフル充電で最長4ヶ月、1分間のクイック充電で3時間使用可能なようです。充電ケーブルはUSB-TypeCです。最新のiPadやAndroid、ニンテンドースイッチで採用されている汎用的なケーブルです。これにより、わざわざMX VERTICALアドバンスエルゴノミックマウスだけのためにケーブルを用意する必要がなくなるかもしれません。

f:id:SKY-BLOG:20181115002649j:image

接続先を3つ登録できる

MX VERTICALアドバンスエルゴノミックマウスでは、接続先を3つ登録できます。私の場合は、MX VERTICALアドバンスエルゴノミックマウスを常に持ち歩き、会社で使用したり家で使用したりしています。ボタン1つですぐに接続先を変更できます。

残念な点

右利き専用

このマウスは右利き専用のマウスです。ですので、左利きの方では使用するのが難しいです。

吹っ飛ばしてしまうことが多い

また、通常のマウスと比べ高さがあります。高さがあることにより、キーボードから手を離しマウスや別のものを探そうとすると、MX VERTICALアドバンスエルゴノミックマウスを吹っ飛ばしてしまうことが多々あります。

左右スクロールがない

左右スクロールが無い為、エクセルやブラウザで左右のスクロールが出来ません。ボタン割り当てを変更すると可能にはなります。値段を考えると左右のスクロールくらい付けてほしかったです。

戻る進むボタンが押しづらい

デフォルトで設定されている戻るボタン、進むボタンですが、押しづらいです。押すと、マウスが前方向に移動してしまいます。構造上仕方ないですが、もう少しこうならない構造で作ってほしかったです。 

マウスの外観

エルゴノミクスというだけあって人間工学に基づいてデザインされた独特な外観です。

ブラックとスペースグレーで配色されています。

大きいですが思ったほど重くありません。意外と軽い。

f:id:SKY-BLOG:20181115002530j:image

以前使ってたMicrosoftのマウスとの比較です。MX VERTICALのほうがやはり大きい。

f:id:SKY-BLOG:20181115002607j:image

 

握り方

写真のとおりになります。親指の方にあるボタンを押すとマウスが押されてしまい、左クリックを押しそうになってしまいます。まだ発展途上感が否めません。また、右手専用で作られているため、左手でマウスを使用する方にはオススメできません。このマウスは右持ち専用のようです。

f:id:SKY-BLOG:20181115002626j:image

 

f:id:SKY-BLOG:20181115002617j:image