SKY-OUTPUT

メーカー子会社勤務のSEがガジェットレビューや仕事で学んだこと、ライフスタイルについて書くブログ。システム開発関係の記事では丁寧に解説していきます。

SQL Server Management Studio (SSMS) インストール手順

新人にSQL Server Management Studio(SSMS)のセットアップをお願いした際、DB(SQL Server)に繋がらないと質問を受けました。新人のPCを確認してみると、SSMSのみインストールされた状態で、SQL Serverがインストールされていませんでした。これじゃ接続できませんし、接続先がそもそも存在していません。(私の説明がそもそも悪いのですが...)良い機会だと思い、SQL ServerをインストールしSSMSを使えるようにするまでの手順をまとめてみました。

※本記事でクリックするボタン、確認する項目は赤枠で囲んでおります。

SSMSとSQL Serverの関係

SSMSとは、SQL ServerをGUIでデータベース(SQL Server)を管理するためのツールです。SSMSをインストールすることでコマンドでなくマウスを使ってSQL Serverを操作できます。 図で説明するとこんな感じです。

f:id:SKY-BLOG:20190207224513p:plain

▲SQL ServerとSSMSの関係

SSMSだけでは、本当にやりたいSQL Serverの操作はできないわけです。そのため、SSMSをインストールしても何も出来ません。まずはSQL Serverをインストールしなければなりません。

SQL Serverのダウンロード手順

下記URLにアクセスし、インストーラーをダウンロードしてきます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/sql-server/sql-server-downloads

無料版のExpressをインストールします。下の画像の赤枠で囲んだ[今すぐダウンロード]をクリックします。

f:id:SKY-BLOG:20190207225206p:plain

Expressの[今すぐダウンロード]をクリックするとSQLServerのインストーラーであるSQLServer2017-SSEI-Expr.exeがダウンロードされます。

SQL Serverのインストール手順

SQLServer2017-SSEI-Expr.exeをダブルクリックします。

f:id:SKY-BLOG:20190207225355p:plain

[基本]をクリックします。

特に理由がなければ基本を選択します。

f:id:SKY-BLOG:20190207225703p:plain

[同意する]をクリックします。

規約は念の為軽くでも良いので読んでおきましょう。

f:id:SKY-BLOG:20190207225828p:plain

[インストール]をクリックします。

※インストールの場所は理由がない限り変更する必要はありません。

f:id:SKY-BLOG:20190207230058p:plain

ダウンロードが終わるまで待ちましょう。

f:id:SKY-BLOG:20190207230153p:plain

インストールが終わるのを待ちましょう。ダウンロードとインストールで私のマシンだと10分程度かかりました。(実施時刻:平日23時ごろ)

f:id:SKY-BLOG:20190207230819p:plain

これでSQL Serverのインストールは完了です。

f:id:SKY-BLOG:20190207233737p:plain

次にSSMSのインストールとなります。

SSMSのインストール手順

[SSMSのインストール]をクリックする。

または下記URLよりアクセスしSSMSのインストーラをダウンロードします。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/ssms/download-sql-server-management-studio-ssms?view=sql-server-2017

f:id:SKY-BLOG:20190207233704p:plain

[SQL Server Management Studio 17.9.1 のダウンロード] をクリックします。

約800MBのインストーラをダウンロードします。

※バージョンによってリンクの名称は変化します。

f:id:SKY-BLOG:20190207232755p:plain

[SSMS-Setup-JPN.exe]をダブルクリックします。

f:id:SKY-BLOG:20190207234027p:plain

[インストール]をクリックします。

f:id:SKY-BLOG:20190207234145p:plain

インストールが完了するまで待ちます。

f:id:SKY-BLOG:20190207234300p:plain

だいたい5分くらいで終わります。

f:id:SKY-BLOG:20190207234324p:plain

これでSSMSのインストールは完了です。

f:id:SKY-BLOG:20190207234826p:plain

動作確認

SSMSを起動します。

f:id:SKY-BLOG:20190207235047p:plain

▲スタート > Microsoft SQL Server Tools 2017 > Microsoft  SQL Server Management Studio よりたどれます。

サーバーへ接続します。

サーバーの種類:データベースエンジン

サーバー名:localhost¥SQLEXPRESS

認証:Windows認証

※サーバー名は.¥SQLEXPRESSでも表示可能です。

f:id:SKY-BLOG:20190208172226p:plain

SQL Serverの良いところはWindowsにログインしていればDBにログインできるところですね。

オブジェクトエクスプローラーが見れたら接続完了です。

f:id:SKY-BLOG:20190207235342p:plain

SQL Serverのインストールに失敗した場合

SQL Serverのインストールに失敗する人が多かったので、その対応方法を記述します。下記のような終了コード1638で失敗した場合は、あるプログラムをアンインストールすることで解決することが出来ます。

f:id:SKY-BLOG:20190207235421p:plain

プログラムと機能を表示します。

f:id:SKY-BLOG:20190207235529p:plain

▲コントロールパネル > プログラムのアンインストール で表示出来ます。

 Microsoft  Visual C++ 2017 Redistributable(x86)を2つアンインストールして、再度SQL Serverのインストールを試してみて下さい。これでインストールが出来るようになると思います。