SKY-OUTPUT

メーカー子会社勤務のSEがガジェットレビューや仕事で学んだこと、ライフスタイルについて書くブログ。システム開発関係の記事では丁寧に解説していきます。

タスクスケジューラの使い方

仕事の効率化でタスクスケジューラを触りました。今回仕事で効率化した作業内容とタスクスケジューラの使い方を紹介していきます。

作業内容

非常に簡単な作業で、操作、バッチとマクロの実行時間を含め、だいたい1分で終わる作業です。作業は下記通りで1の次に2を実施します。

  1. 毎時00分になるとバッチを実行する ← ここをタスクスケジューラ化
  2. バッチが生成したファイルをExcelで読み込む

効率化した結果

意識して行うことが作業2のみで精神面の負担が軽くなりました。作業1も2も非常に簡単ですが、たかが10秒程度の時短でも、作業が減ることの重要性を痛感しました。

タスクスケジューラの起動方法

コルタナで下記ワードで検索を行う、またはスタートメニューから下記順でアプリを起動させます。

  • 検索ワード:タスクスケジューラ
  • スタート画面:Windows管理ツール > タスクスケジューラ

f:id:SKY-BLOG:20190203210704p:plain

タスクの作成ウィンドウを表示する

[本タスクの作成... ]リンクをクリックする。

手順:操作 > 基本タスクの作成... 

f:id:SKY-BLOG:20190203211557p:plain

全般を記入する

全般タブをクリックする。

名前:タスクの名前を記入します。

説明:タスクの説明を記入します。

f:id:SKY-BLOG:20190203212423p:plain

入力例

f:id:SKY-BLOG:20190203212713p:plain

トリガーを記入する

トリガータブに移動し、[新規]ボタンをクリックする。

f:id:SKY-BLOG:20190203212832p:plain

 新しいトリガーが表示されます。

f:id:SKY-BLOG:20190203212913p:plain

トリガーを記入する

例:毎日、毎時0分にバッチを実行して欲しい。遅延時間、有効期限は指定なし。

f:id:SKY-BLOG:20190203213344p:plain

[OK]ボタンを押すとトリガーが追加されます。

f:id:SKY-BLOG:20190203213418p:plain

操作を記入する

操作タブに移動し、[新規]ボタンをクリックする。

f:id:SKY-BLOG:20190209094842p:plain

 新しい操作画面が表示される

f:id:SKY-BLOG:20190209095327p:plain

[参照]ボタンをクリックし、起動するプログラム/スクリプトを選択する

f:id:SKY-BLOG:20190209100425p:plain

[OK]を押すと操作が追加されます。

f:id:SKY-BLOG:20190209100452p:plain

条件を記入する

こちらは端末の状況により、お好みで変更してください。例えば、ノートPCを使っていて、外で使う際はバッテリー節約としてタスクを実行しないようにしたいとかを設定できます。

f:id:SKY-BLOG:20190209095624p:plain

設定を記入する

タスクの実行に失敗した際、再起動するまで何分感覚を置くか、作成するタスクは3日間限定のタスクかなどを記入できます。バッチ起動状態で、バッチ起動のタスクを使いたい際は、新しいインスタンスで開始するに変更してください。

f:id:SKY-BLOG:20190209095804p:plain

作成したタスクの追加

タスクの作成画面の[OK]ボタンを押します。これでタスクが追加され、指定した時刻でタスクが実行されます。直ぐに動作確認をしたい場合は、トリガーで指定した時刻を設定しなおすのがおすすめです。

f:id:SKY-BLOG:20190209100524p:plain

タスクスケジューラの使い方を知って

タスクスケジューラの使い方を知ってから、今まで必ず毎日行っていた作業を自動化できるようになりました。私の場合だと、PC起動時に勤怠入力のページを表示する、毎時00分にファイルを取得する、あるディレクトリをドライブとして登録するなどの処理をタスクスケジューラを駆使し自動化するようになりました。こんな簡単なことでもタスクスケジューラで自動化してくれることで、作業のミスを減らしたり覚えなきゃいけないことを減らしたりと、必要なことだけ考えれるようになれることが最大のメリットだと思います。このブログを読んでタスクスケジューラに興味を持った方は簡単なことでも自動化してみて下さい。意外と助かります。